栗瀬 裕太

Kurise Yuta
<< やっぱり.....、 | main | その後、 >>
全日本MTB選手権
僕の2010年上半期の集大成だった「全日本選手権」が終わってしまいました。
(N.gawa)
4Xレース当日のプラクティスは終わり間際の40分程に集中して走る事にしました。心配だったのは骨折している肋骨の痛みに、痛み止めがどれだけ効くのか?どれだけ体が、ベストな状態で動いてくれるのか?という事でした。


「スタート時」と「セクションでの手前上げ時」にやはりアバラが歪んで痛みましたが、薬も効いていたのか、走りながら「イケる!!これくらいの痛みなら走れる!」と諦めかけていたチャンピオンへの望みが出てきてぼくテンションUP!!
(MTB FAN)
で迎えた予選タイムアタックはまずまずの走りで予想以上の「4位通過」。うんうんキテる!今日はボク来てるよー!。


第1ヒート
(MTB FAN)
ゲートに入った辺りで、ふと「いつのも不安感」が全く無い事に気付きました。
第1ヒート:ホールショットのまま1位で進出(写真上)

第2ヒート:スタート2位。、去年の第2ヒートを思い出し嫌な予感がしたので、同じ失敗をしたくなかった僕は芝生コーナーで、1位の高山一成をパスしそのまま1位で勝ち上がりました。
なんかここで1年間止まってしまっていた長かったトンネルから抜けて解き放たれた感じがしました。笑

準決勝 : いつもここのヒートがある意味一番キツいかもしれません。ゲート選択は予選の上位の選手から権利が与えられます。準決まで来ると皆強豪ぞろいです。スタート3位普通の僕なら焦るのですが、的確にラインをよんで入ったコースがドンピシャ!そのまま準決勝も1位通過。

さぁ!とうとうファイナルまで上がって来れました!!決勝ヒートになっても僕の冷静さは変わる事は無く、ここまで来た僕に見えているのは「7年振りの全日本チャンピオン」だけでした。

4つのゲート中、僕が苦手なのは一番アウトコースのみ。予選4位の僕。他のファイナリスト3人が予選1、2、3位の選手でない限り、そのコースに入る事も無いだろうと少し安心していたら......、後の3人は見事に予選1、2、3位の選手でした。僕のゲートは一番アウトコース↓


それでもいけると思いました。


ここ一番で最高のスタート!(写真一番右)※左からゼッケンを見て下さい。笑

(MTB FAN)
絶対穫る!!1コーナーはアウトコースから二人を押さえて1位のジュンヤの後ろに入る事ができました。焦る事は無い、後はどこでパスするか考えました。2コーナーからの立ち上がりで狙いをさだめリズムでスパートをかけて射程距離内で芝生コーナーに差し掛かった瞬間、自分の視界が一気に低くなりました。

ギリギリの線で芝生コーナーに進入した結果、リアが流れてクラッシュ。


どうしても欲しかった「全日本チャンピオン」は、後もう少しの所まで来てまた離れていってしまいました。残念です。なっかなか僕の物になってくれません。笑 、この表彰台の真ん中に立てるまで頑張ります!!


しかし、こんなコンディションの時はいつもネガティブに覆われてしまうはずの僕が、今回自分でも驚いくほど、レース開始時から決勝ヒートまで常に冷静に集中してレースに挑めたのはやっぱり応援してくれた皆さんのおかげだと思いました。今回応援してくれている人達の声をいつものレース以上に自分自身が聞けた事、さらに会場に来れなかった仲間やファンの方達からもレース前に電話がいっぱい頂きました。そんないろんな人の気持ちで頑張って走る事ができました。本当に応援して頂いたスポンサー/メカニック/パノラマのスタッフメンバー/仲間/ファンの方達に感謝しています。ありがとうございました。

関係者と抱き合って喜んでいるチャンピオンの横をすり抜けてブースに向かおうとした僕のところに、一人、コウがすっ飛んで来てくれたので、「頑張ってみたんやけど、また今年もアカンかったわぁ。悔しい」と泣き言を言ったら、コウが「今日は全てのヒートでスタートも完璧だったし、8分の1ファイナルの芝生コーナーも凄かったし、決勝も速かった」とちゃんと見てた事を伝えてくれました。基本涙腺の弱い僕、グッとこらえて「ホンマありがとうな。次も頑張るからまた一緒に頑張ろう!」と彼を抱きしめました。良い奴です。


DHチャンピオンは安達君が返り咲き、彼の勇姿に励まされました。まだまだこれからです。
さらに感動した事が、クロスカントリーで松本シュン氏が3位入賞し表彰台に立った事です。
シビれました。

そんな全日本選手権が終了したばっかりのパノラマは翌日から「シマノバイカーズフェスティバル」の準備がすぐにスタート。まだまだシーズンはこれからです。


シマノバイカーズ当日の僕は、もうすぐクローズしてしまう事になった神奈川の「FBXトレイル」にバイクを持って別れを告げに行き、スポンサーのプラネットアーツに「痛んでしまった愛しのマイカー」を入院させ(内藤さんよろしくです。)、台車に乗り換えた僕は、翌日お台場で開催の、THE SESSION VOL.2のKODに招待ライダーとして参加する為に移動というスケジュールでした(一成ありがとう。)


久々に純粋に選手としてだけに集中して楽しめるダートジャンプコンテストです!

肋骨は痛みましたが、アバラにベルトを巻いて、4Xの落胆から気持ちを切り替えようとプラクティスからエアーを楽しむ事を心がけました。写真は左から根本氏/大西カンヤ氏/僕。

とにかく楽しくて乗れていました!!(^^)

苦戦するライダーが多い中、鶴田ケンジ氏と楽しみながらのプラクティス。

AKABANE VISION
しかし、ツルケンが360°でクラッシュ。軸がズレたらしく、幸い怪我も無く無事でした。その直後、その日何度も難なくメイクしていた360°で今度は僕が軸がズレてしまいクラッシュ。回転しながら落ちたバックサイドで、この時だけなぜか?変に地面で足が引っかかり、僕の右足は嫌ぁな方向にグキっといきました。地面に足を付けた瞬間、右足の「内くるぶし」がコクコク動いて激痛が走り、立ち上がれ無くなりました。上の写真はそのエアーで落ちる瞬間の写真です。

その後アイシング中に顔色が悪くなってきたらしく「吐き気」も来て「これはアカン!」と皆に勧められるがまま病院に行く事に。

僕を病院まで連れて行ってくれたのは、タッシーとTUBAGURAのサモ君の二人。

運転してくれている初対面のサモ君の右足にはギブス!?「サモ君その足どうしたの!?」って聞くと「ダートジャンプで360°にチャレンジしたら軸がズレて着地で変に足をひねってしまって.....。」ってどっかの誰かと全く一緒やんか!!泣 幸い骨折しておらず少しの間の固定で済んだそうです。良かった。二人共ありがとう!!


僕もそうであって欲しい!と願いながら撮ったレントゲンの結果は......、

「右足首関節骨折」。ご覧の通り内くるぶしが横一線パックリ割れております。泣


問題は「どうやってこのお台場から諏訪に帰るのか?」でした。幸いTT氏と小山ワタルの長野メンバーが、関東方面に出て来ていたので助けてもらう事ができました。ありがとう。

会場に帰って来ると、ちょうどダートジャンプのコンテスト直前だったにも関わらず、心配してツルケン氏が僕の所に来てくれて「帰り俺達(MXメンバー)が中央道経由で名古屋帰ってユウタを送るよ!」と伝えにきてくれました。泣 その気持ちがめちゃくちゃ嬉しかったし有り難かったです。

TT氏とワタルンに諏訪まで送り届けてもらった後、足を見てみると何とも言えない状態になっておりました。どうしよう......。

一人で松葉杖で初めて過ごすアパートは予想以上に過酷な物で、たった一晩で部屋が荒れてしまい、大変な事になりました。そんな僕を心配して翌日ある人がアパートに駆け付けて来てくれて、病院までボクを車に乗せて連れて行って1日付きっきりで僕を励まし続けながらアパートも片付けてくれました。なんと言ったら良いのか、ホンマに感謝です。そして今まで本当にありがとう。

市川氏やパノラマパトロールの永田隊長と相談した結果、大きい怪我をするといつもお世話になっていた、関西の病院でしっかり治す事に決まり、2日前にノリサンに迎えに来てもらって大阪に帰って来ました。

で、昨日から宝塚の病院に入院しております。診察結果だと、まず歩ける様になるまでにこれから1ヶ月以上かかるそうで、そこから少しずつ負荷をかけるリハビリに移って行く感じだそうです。えぇーっと、思っていたより全然重傷でした!笑。最悪やぁ


なんか続くなぁ....、いろいろ。正直ちょっとだけ疲れました(^^;)


で、本日29日(木)の15:00スタートで手術します。あぁ、後3時間後です、下半身麻酔もチ◯管もめぇーっちゃ恐い!マジ嫌やぁ。泣
【2010.07.28 Wednesday 23:08】 author : yutakurise | - | - | - |
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
   Check this out
10月27&28日富士見パノラマイベント「ありがとう‘07」でのダートデモにて鶴田絢史、林正樹、栗瀬裕太、Fit Bikeチームライダー3人の最新ライディング映像!

   Check this out
僕がコースデザインと現場監修させてもらった、 「富士見パノラマの4Xコース」の動画ですみなさん是非一度チェックして見てください!!

NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP